メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

みつわの取り組み

皆様に安心を届けるために、みつわが取り組んでいる事柄をご紹介しています。

「おくりびと」(納棺師)在籍会社

2008年の9月30日の朝日新聞に、みつわの「納棺師としての活動」が掲載されたことがあります。

人の死に関わる最終ラインを担うために、みつわはご遺族が安心して安らかに故人を送る事が出来るように、死後処置に関するプロフェッショナルとして地域へと安心をご提供しています。

葬儀場で創作フレンチの提供を開始

佐久地域の食材を80%以上も利用して作られる創作フレンチは、出来たてをそのまま召し上がって頂けます。

地元価値の再発見と地産地消。みつわの取り組む2大テーマを形にした試みで、多くのメディアや佐久地域の方々から共感を頂き、支持されています。

総額料金パックを提供

消費者センター(2008年)によると、葬儀社の実に40%が見積もりを提示してない状況であります。

お葬式費用の不透明さを排除したい。その思いから、みつわでは創業以来ずっと総額料金パックをご提供しています。

お金に関する不安をなくして、安心して葬儀を行うことが出来るように、みつわでは常に新しい安心の形を提案しています。

小さなお葬式・ちいさな家族葬の提供

総額19.8万円の小さな火葬式をはじめ、総額39.8万円の小さな家族葬など長野県の東信エリアで初めて総額料金「小さなお葬式」をご提供しています。

お金を掛けずに心のこもったお葬式が可能です。新しい安心の提供方法として小さなお葬式を捉え、柔軟にこれからの時代に必要とされるサービスをご提供しています。

みつわ別館(家族葬ホール)を開設

キッチン、洗面所、トイレ、浴室を備えた家族葬ホールが2室、霊安室が1室増えました。(全室完全バリアフリー)

故人様1泊2日15,000円、ご家族様1泊2日30,000円+布団1組4,500円(タオル台含む)と、相場より格安な料金でご利用頂けます。

病院からホールへ直行し、通夜・葬儀を全てホールで行うことも可能で、お弔いやお見送りのためにご自宅に戻ることも可能です。

佐久エリア最大の人形供養祭

「ゴミじゃないから捨てられない」大切なお人形、家族を見守り続けたお人形も年と共に役割を終えます。

みつわでは、家族に大切にされてきたお人形を創業以来毎年、人形供養祭でお預かりし、ご供養させて頂いております。

現在までに佐久地域最大の人形供養祭となり、毎年5,000体を超えるお人形が集まります。

日本で一番海から遠い海洋散骨

長野県の佐久地域は、地図で見ても日本の中心に位置しており、太平洋や日本海に行くのも時間が掛かる場所です。

しかし、当社では「日本で一番海から遠いみつわの海洋散骨」特許庁商標を2010年に取得しました。

総額10万円からご提供しているみつわの海洋散骨は、お墓でお困りの方や海に思い入れの深かった方から支持されています。

ご遺骨をダイヤモンドに加工

大切な人といつまでも一緒にいられる遺骨のダイヤモンド化。100%ご遺骨から抽出した炭素のみを使用して制作した合成ダイヤモンドです。

高度や輝きなど、天然ダイヤモンドと全く同じです。メモリアル・ダイヤモンドが、大切な故人との繋がりを色鮮やかに伝えるものになり、遺されたご家族様の傍らで心の支えとなり、いつまでも輝き続けます。

お花屋さん「花工房みつわ」の創業

お花で祭壇を飾り、ご遺族の悲しみを少しでも和らげるお力添えが出来ればと「花工房みつわ」は、日々努めております。

ご遺族には特別な思い出や情景があります。その大切な思いをカタチにするために、季節に合わせて美しいお花をあしらい、表現いたします。

未来のために一歩ずつ。「花工房みつわ」の今後にご期待下さい。

顧問弁護士等による相続サポート

お葬式に関わる全ての疑問にきちんと応えられる会社であるために、みつわでは士業の専門家による指導を受け、お客様のサポートに当たっています。

メモリアルホールみつわでは、葬儀社がお葬式当日だけを手伝う時代は終わったと考え、お客様の事前から事後まで、全ての不安に正面から向かい合える会社であるために活動しています。

小海町の子宝事業

小海町の子宝史跡をルート化し、「子宝観光ルート」を創設することを2012年3月に小海町へ提案。

2012年7月5日、長野県庁記者会見室にて、「子宝観光ルート」の観光PRを行いました。確認できただけでも30媒体近いメディアで取り上げて頂きました。

「2050年の日本 小海町」として人口動態研究所から名指しされた町ですが、みつわでは小海町の未来世代の一員として小海町を支えていきたいと思います。

児童養護施設の継続支援決定

近年多くの問題をかかえる児童福祉。みつわでは児童養護施設の活動趣旨に賛同し、2012年4月より寄付金を通じて継続支援を続けていく事を決定しました。

未来を担う大切な子供達が、明るい未来を築き、将来立派に自立できるように、みつわでは寄付金と啓蒙活動を通じて地域の皆様と一緒に子供達の支援を続けていきます。

採用情報