メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

自筆証書遺言とは

書式や内容が一定の条件を満たすことが求められる

いつでもどこでも本人の自由に作成する事が可能なのが自筆証書遺言です。

これは、証人を必要としないので、遺言の内容も遺言書を作成したこと自体も秘密にしておく事が出来ます。

しかし、その内容や書式については一定の条件を満たしておく必要があり、それを満たしていないと法的に無効になってしまうので、作成する場合は最新の注意を払いながら作成する必要があります。

また、遺言者の死後に、遺言が発見されなかったり、紛失や第三者の手によって偽造や改ざんされる恐れもあります。

死後は遺言の発見者や保管者が、家庭裁判所に提出し、検認の手続きを受けなければなりません。

自筆で書いて押印する

自筆証書遺言は、全文を必ず自筆で書かなければなりません。代筆やパソコンなどで作成されたものは法的効力を持ちません。

例えばテープに録音したものや、ビデオに録画したものでも法的効力は有効になりません。

作成した日付、氏名も自筆で書いて押印します。日付、氏名、押印のどらか一つでも欠けると無効とされています。

日付は、「〇年〇月〇日」でなくても、「満〇歳の誕生日」というような書き方でも、日付が特定できるような書き方であれば有効です。

「〇年〇月」という書き方では、日付が特定できないので無効扱いになるので注意が必要です。日付まで書く必要があります。

署名は戸籍上の実名に限らず、遺言者が特定できれば、普段使用しているペンネームや芸名などでも有効になります。

押印の印鑑は実印で無くても良いとされていますので、認め印でも大丈夫です。拇印も認められています。

書き間違えや内容を書き直す場合は、法律で決められた方式を守らないと無効になってしまうので、注意が必要です。

用紙や筆記用具に制限は無いですが、用紙は保存に耐えられる物が望ましいです。サイズも規定は無いですが、コピー出来やすい用紙サイズが良いでしょう。

筆記用具は、ボールペン、筆、サインペン等のいずれでも大丈夫ですが、改ざんのリスクがある鉛筆は避けた方が良いと思います。

封印について

書き上げた遺言書は、封筒に入れて「遺言書在中」と上書きします。

封印はしてもしなくてもどちらでも大丈夫ですが、変造や汚損を防ぐ意味でもしておいた方が良いと思います。

ただし、公正証書遺言以外の封印された遺言書は、遺言者の死後、家庭裁判所の検認の手続きの際に、全ての相続人に立ち会いの機会を与えたうえでないと、開封が出来ない決まりになっています。

採用情報