メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

主要財産の評価

財産の評価の原則

現金以外の相続財産は、その価値がはっきりとしていないと相続税の計算ができません。

財産の勝ち(相続税評価額)は相続税法によって、相続の開始時(被相続人が亡くなった日)の時価で評価することが決められています。

ただし、時価については客観的な評価が難しい事や、課税の公平性を保つために、国税庁では「財産評価基本通達」により、財産の種類別の評価の指針を決めています。

不動産の評価方法

土地は宅地、山林、農地などの種類によって評価方法が違います。

また、同じ宅地であっても、市街地と郊外・農村部などでは、評価方法が異なります。

市街地の評価方法

市街地の宅地は「路線価」を基準として計算します。これを路線価方式といいます。

路線価とは、道路(路線)に面した標準的な土地、1平方メートルあたりの価額の事で、路線価は市区町村毎に各国税局が定め、毎年改訂して公表しています。

路線価による土地の評価額は基本的には「路線価×宅地面積(地積)」で求められますが、宅地の形状や立地条件に応じて調整を加えて評価額が決まります。

路線価をまとめた路線価図は、税務署や市区町村役所などで観覧できるほか、「財産評価基本通達」とともに、国税庁のウェブサイトで見る事が可能です。

郊外農村部の評価方式

郊外や曾孫部の路線価定められていない土地については、倍率方式で評価します。

「固定資産税評価額」に、国税庁により地域毎に定められている一定の倍率を掛けて評価額を計算します。これを倍率方式といい、土地の形状や立地条件などは関係ありません。

固定資産税評価額は固定資産税評価証明書で確認出来ます。倍率は国税局や税務署に照会すれば教えてくれますし、国税局のウェブサイトに掲載されています。

また、一定の条件にあてはまる宅地について、税額が軽減される特例(小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特定)があります。

実際の土地の評価額は、税務署や税理士などの専門家に尋ねる方が良いと思います。

債務や掃除機費用は相続財産から差し引く

相続人が被相続人の債務(しゃく入金や買掛金、未納の税金など)を承継したり、被相続人の葬式費用を負担した場合は、相続財産から差し引いて(債務控除といいます)相続税を計算します。

採用情報