メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

遺言を書いておいた方が良い場合

相続関係が複雑であったり、相続人のうちの1人に家業を継がせたいと思う場合など、被相続人の死後、トラブルが予想される場合は遺言書を作成しておきましょう。

子供のいない夫婦

配偶者に全財産を相続させたい場合、「全財産を相続させる」と遺言を残しておけば、被相続人の父母が遺留分を主張したとしても、全財産の6分の5を相続させる事が出来ます。

相続人が被相続人の兄弟姉妹の場合、遺留分はゼロなので、全財産が配偶者に渡ります。

相続関係が複雑なケース

例えば再婚をしていて、現在の配偶者や前の配偶者との間に子供がいて、子供に法定相続分とは異なる相続をさせたい場合など、相続分や財産の分割方法を指定しておくと良いでしょう。

認知していない子供がいるケース

生前に認知出来なかった子供を遺言によって認知しておけば、子供は相続権を得ることが出来ます。

また、まだ生まれていない子供(胎児)も認知が出来ます。

内縁関係の相手に財産を譲りたい場合

法律上の婚姻関係にない相手に相続権はありません。内縁の相手に財産を譲るには遺言書が必要になります。

相続権の無い人に譲りたい場合

特に世話になった子供の配偶者(介護で世話になった子供の配偶者など)や知人などに財産を譲りたいときや、相続人ではない孫や兄弟姉妹に譲りたい場合に、遺言で譲る事が可能です。

家業の後継者を指定したいケース

家業を継続させたいという時は、後継者を指定して、その人が経営の基盤となる土地や店舗、工場、農地、同族会社の株券などを相続できるようにしておく事が重要です。

採用情報