メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

法定相続による相続分について

相続人の構成によって異なる相続分

遺言が残されていないとき、遺言に相続分や遺産分割の方法の指定がないときは、民法による相続分の定め=法定相続分によって遺産分割を行います。

これを法定相続といい、各相続人が引き継ぐ遺産の割合(法定相続分)が決まっています。割合は法定相続人に誰がいるかにより異なります。

相続人が被相続人の配偶者(配偶者相続人)1人だけの場合は、配偶者が全遺産を相続します。

配偶者と血族相続人がいる場合は、血族相続人の順位と人数によって比率が変わります。

配偶者とは戸籍上の婚姻関係にある場合で、内縁関係の場合、同居気管の長短にかかわらず、相続権はありません。

配偶者と直系卑属(第1位順位)の場合

被相続人に配偶者と第1順位の子(直系卑属)がいる場合は、それぞれが遺産の2分の1を相続します。子が複数の時は、2分の1を頭数で等分します。

嫡出子と非嫡出子の相続分は同じになります。非嫡出子は、母親との関係では認知届を出していなくても法律上の親子関係が認められますが、父親との関係では、故人の子であることが認知されている必要があります。認知は遺言でも可能です。

死別したり離婚したりして配偶者がいない場合は、子たちが全遺産を頭分します。

いずれの場合も子が死亡していて孫がいる場合は、孫が権利を引き継ぎます。

胎児にも同じ相続分が認められています。ただし、出生して初めて相続権を有するので、遺産分割は出産後に行われる事になります。

配偶者と直系尊属(第2位順位)の場合

被相続人に子や孫がいない場合は、被相続人の直系尊属である父母、父母がいなければ祖父母が、配偶者と遺産を分割します。

相続分は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1になります。

配偶者がいない場合は、直系尊属が全遺産を相続します。

配偶者と兄弟姉妹(第3位順位)の場合

被相続人に直系卑属も直系尊属もいない場合は、故人の兄弟姉妹が配偶者と遺産を分割します。

相続分は、配偶者が4分の3で、兄弟姉妹が残りの4分の1を頭数で等分します。

異母兄弟姉妹・異父兄弟姉妹の相続分は、同じ父母から生まれた兄弟姉妹の2分の1です。

もし配偶者がいない場合は、兄弟姉妹が全遺産を相続して等分します。

採用情報