メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

相続人の範囲と順位について

法律で決められた相続人の範囲と順位

相続人になれる人の範囲は法律(民法)で決まっていて、決められた相続人のことを「法定相続人」といいます。

法定相続人には、「配偶者相続人」(被相続人の配偶者)と「血族相続人」があります。

配偶者相続人

被相続人(故人)の配偶者で、常に相続人になれます。(法律上の婚姻関係にない内縁の妻や夫には相続権はない)

血族相続人

被相続人と血のつながった親族の中でも、子供や孫などの直系卑属、親や祖父母などの直系尊属、兄弟姉妹などです。

被相続人の子供は、被相続人の配偶者同様、常に相続人になれます。また、血族相続人は被相続人に配偶者がいてもいなくても、相続人となることができます。

血族相続人には第1~第3の順位があります。第1順位の相続人がいれば、第2順位、第3順位の人は相続人にはなれません。

第1順位にあたる人がいない場合に第2順位の人が、第1順位にも第2順位にもあたる人がいない場合に第3順位の人が相続人になる仕組みです。

第1順位 被相続人の直系卑属

第1順位は被相続人の子供です。子供には嫡出子、非嫡出子、養子、胎児、代襲相続の孫、ひ孫などが含まれます。

第2順位 被相続人の直系尊属

第2順位は被相続人の直系尊属である父母や祖父母などです被相続人に子供がいない場合は父母が、父母もいなければ祖父母が相続人となります。。

父母の内どちらかがいれば、祖父母は相続人となれません。

第3順位 被相続人の兄弟姉妹

第3順位は被相続人の兄弟姉妹で父親や母親が異なる異父兄弟姉妹や異母兄弟姉妹も含みます。被相続人に直系卑属も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。

採用情報