メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

単純承認・限定承認・相続放棄

単純承認とは

単純承認とは、被相続人の残した財産のプラスもマイナスも合わせて、全ての権利と義務を無条件で引き継ぐ事をいいます。

相続の開始後、(自己のために相続の開始があった事を知った日から)3ヶ月以内に単純承認の意思表示をするか、限定承認や相続放棄の手続きをしなければ、単純承認したものとみなされます。

また、相続人が遺産の一部であったも、勝手に処分したり隠したり、悪意で財産目録に加えなかったりすると、単純承認とされてしまい、限定承認や相続放棄ができなくなってしまうので注意が必要です。

限定承認とは

相続ではプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継ぐことになるので、場合によっては多大な借金を背負ってしまう事もあります。

このような場合に、相続人を保護するために「限定承認」と「相続放棄」の制度があります。

債務などのマイナス財産も引き継ぐが、それは引き継いだプラスの財産の範囲内で弁済する、というのが「限定承認です。」

自分の財産まで使った債務の弁済にあてる必要はなく、引き継いだプラスの財産で債務を返済したあと、財産が残れば、それを相続する事が出来ます。

マイナスの財産がプラスの財産より多いか少ないか、すぐには判断がつかないときには「限定承認」も考えられます。

ただし、「限定承認」は相続人全員の合意が必要で、1人でも反対の人がいれば認められません。相続放棄をした人がいる場合は、その他の相続人全員で限定承認をすることが出来ます。

限定承認は、相続開始を知った日から3ヶ月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。手続きが複雑な事もあり、実際に選択する人はあまりいません。

相続放棄とは

相続財産を調べた結果、借金などのマイナスの財産のほうが多いと分かったいたり、何らかの理由で遺産相続を辞退したい場合は相続放棄をすることが出来ます。

相続放棄とは、相続権を放棄することで、はじめから相続人とならなかったとみなされる制度です。遺産に関するいっさいの権利も義務も放棄するすることになります。

相続放棄には法的な手続きが必要で、相続人各人が個別にできます。相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に、被相続人の住所地の家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

そして、相続放棄が本人の意思であることが認められると受理されます。

相続放棄をすると、原則として撤回することはできません。また、その人に子供や孫などの直系卑属がいても、代襲相続もできなくなります。

採用情報