メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

旧姓に戻りたい場合

配偶者の死亡後は

配偶者が死亡すると、婚姻関係は解消されます。残された配偶者は、戸籍や姓をそのままにしても良いのですが、「復氏届(ふくしとどけ)」を出せば、旧姓に戻すことが可能になっています。

旧姓に戻すと、戸籍は元の戸籍に戻るか、筆頭者となって新しい戸籍を作ることになります。

手続きは本籍地または住所地の市区町村役所で行います。必要な書類は、復氏届、戸籍謄本、印鑑などです。

この手続きの申請期限はなく、配偶者が亡くなった後、いつでも手続きが可能になっています。手続きは郵送でも可能です。

届け出用紙は、市区町村役所の窓口で入手できます。また、この手続きで、復氏できるのは配偶者本人のみで、子供に関しては別途手続きが必要になります。

新しく戸籍を作る事も可能

復氏届には、復氏した後の本籍を記入する欄があります。

「もとの戸籍にもどる」を選択すると、自動的に結婚前の籍に戻るのですが、「新しい戸籍を作る」を選択することも可能で、この際に本籍地も自由に決められます。

新しい戸籍を作っても、法律上は親子間の関係に何も影響を及ぼしません。遺産相続のうえでも新しい戸籍を作る前と何も変わりません。

ですので、親の扶養義務は残っています。これは実家の親族だけでなく、亡くなった配偶者の親族に対しても同様になります。

なお、一度復氏をすると、二度と結婚後の戸籍には戻れないので、手続きを行う際は慎重に検討する必要があります。

子供の姓も変える場合は

復氏届を出して親の姓が旧姓に戻っても、子の戸籍はそのまま残りますので、子供の姓は変わりません。

子供の戸籍と姓を親と同一にするには、家庭裁判所に「子の氏変更許可申立書」を提出しなければなりません。

申し立てに必要なものは、子の戸籍謄本、父・母それぞれの戸籍謄本、申立人の印鑑が必要です。

子が15歳以上であれば本人が、15歳未満の場合は法定代理人が申し立てます。

裁判所音許可審判がおりたら、その「許可審判書」を添えて、親の本籍地か住所地、または子の本籍地の役所に入籍届を出して、親と同じ戸籍・同姓にします。

採用情報