メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

故人が年金受給者のケース

老齢基礎年金受給者(国民年金第1号被保険者)

国民年金第1号被保険者は、65歳から老齢基礎年金が支給されます。故人がこれに該当する場合、遺族は遺族基礎年金を受けられます。

ただし、受給できるのは故人によって生計を維持されていた子を持つ妻か夫、配偶者がいない場合は子で、子が満18歳未満になる年度の3月末日までになっています。

手続きの仕方と年金支給額は、故人が国民年金だけに加入しているケースを参照して下さい。

寡婦年金や死亡一時金は、故人が老齢基礎年金を受けていると支給されません。

老齢厚生年金受給者(国民年金第2号被保険者)

第2号被保険者は、老齢基礎年金と同時に、老齢厚生年金が支給されます。受給開始時期は、生年月日と本人の希望によって異なりますが、故人がこれを受けていた場合、遺族は遺族厚生年金を受けられます。

条件と手続きについては、故人が厚生年金・共済組合などに加入しているケースを参照して下さい。

さらに条件を満たせば遺族基礎年金が受けられます。

条件によって中高齢寡婦加算の受給も可能

老齢厚生年金を受けていた夫が亡くなったときに、妻が40歳以上65歳未満の場合、40歳から65歳未満まで中高齢寡婦加算を受ける事が可能です。

また、妻が昭和31年4月1日以前の生まれの場合、65歳以降は経過的寡婦加算が支給されます。

夫が亡くなったときに、妻が65歳を過ぎていた場合には、その時点から経過的寡婦加算が支給されます。

妻が厚生年金を受ける場合

夫に先立たれた妻が、65歳未満の場合、条件を満たせば遺族厚生年金、遺族基礎年金、中高齢寡婦加算を受ける事が出来ます。

妻が65歳以上になると、妻自身の老齢基礎年金の支給が始まります。また、妻自身が厚生年金の加入者である場合、60歳から65歳未満の間には特別支給の老齢厚生年金が支給されることになります。

以前は、65歳以降、遺族厚生年金か妻自身の老齢厚生年金かいずれかを選択することになっていたのですが、平成19年4月1日以降は年金の支給方式が変更されました。

これによって、自分自身が納めた年金保険料が年金額に反映されるようになったのです。

厚生年金に加入していた妻が60歳以上65歳未満の期間

亡くなった夫が厚生年金に加入していて、妻自身も厚生年金に加入していた場合、次の2つのうち、どちらかを選んで受け取ります。

●:夫の遺族厚生年金+中高齢寡婦加算

●:妻自身の特別支給の老齢厚生年金

特別支給の老齢厚生年金の支給開始時期と支給額については、生年月日や収入、加入していた期間によって違うので、詳細を知りたい人は年金事務所に問い合わせをする事をお勧めします。

65歳以降の場合

65歳以降で遺族厚生年金と老齢厚生年金を受ける権利のある人には、老齢基礎年金と老齢厚生年金が全額支給され、遺族厚生年金は老齢厚生年金に相当する額の支給が停止になります。

要するに、遺族厚生年金と自身の老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給される仕組みになっているのです。

採用情報