メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

高額医療費の申請について

一定の自己負担額と払い戻しについて

高額療養費とは、国民健康保険、後期高齢者医療制度、健康保険等を利用した場合、同じ医療機関に支払った一ヶ月単位の医療費の自己負担額が、一定の金額を超えると、その超過した分が払い戻される制度です。

医療費を支払った2,3ヶ月後に「高額療養費の払い戻しのお知らせ」が送付されてきた場合は、担当の窓口に持参して申請する必要があります。

国民健康保険は市区町村役所にある国民健康保険課へ、後期高齢者医療制度は後期高齢者医療課へ、健康保険は加入している健康保険組合の事務所に行きます。

健康保険組合の中には、手続きをしなくても自動的に払い戻しをしてくれる所も存在します。入院の場合は、事前に健康保険組合に申請をしておき、「健康保険限度額適用認定証」をもらっておくと、窓口での支払いで限度額内にとどめる事が可能になっています。

申請の期限

高額療養費の手続きには、健康保険証、高額療養費支給申請書、自己負担分の医療費の領収書、印鑑、預金通帳等が必要になります。

そして申請できる期限も理解しておく必要があります。それは、診療を受けた月の翌月1日から2年以内になるので、必ず覚えておいて下さい。

自己負担限度額の算出方法(70歳未満)

70歳未満の方の自己負担限度額は、下記の表を参考にしながら計算する必要があります。このしくみは、収入によって自己負担限度額が変わるという事になります。

70歳未満の方の自己負担限度額

医療費というのは、実際に掛かった費用なので、3割負担の人が医療機関で30万円を支払った場合、医療費は100万円という事になります。

差額ベッド代や保険診療外の料金や食事代は自己負担額には含まれないので、注意して下さい。

また、一人で2カ所以上の医療機関にかかった場合や、同一世帯で同じ保険で同じ月に2万1000円以上の自己負担が複数ある場合は、合算し、その合計額から自己負担限度額を超えた分が支払われます。

1年間で限度額を4回以上になったら

同一世帯が、直近の12ヶ月間で3回以上自己負担限度額を超え、高額療養費を支給された場合、4回目からは自己負担限度額が軽減されます。この事を多数回該当といいます。

この限度額は、上記の表の右側を参考にして下さい。収入によって4段階に分かれています。

70歳以上75歳未満の場合

70歳以上から75歳未満の方の自己負担限度額の算出方法も所得によって4段階に分かれています。また、外来だけの上限額も設定されています。

詳細は地元の市区町村役所へ問い合わせをすると、詳細を教えてもらえますので、詳しく知りたい方は役所の担当窓口で聞いて頂く事をお勧めします。

採用情報