メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

仏式以外の祭壇

神式の先祖祀り

神棚ではなく御霊舎に

神道では、先祖は御霊舎に祀ります。あくまでも神棚は、天照大神(あまてらすおおみかみ)や氏神を祀るものなので、必ず別にします。

その際に、神棚は大人が見上げるくらいの高さですが、御霊舎はそれよりも一段低い位置、上半身くらいの高さになるように置きます。

御霊舎は五十日祭までに用意し、お祓いをしてもらいましょう。五十日祭の忌明けに行う「合祀祭(ごうしさい)」という祭儀の時に、霊璽(れいじ)を御霊舎に移して安置します。

御霊舎には、霊璽のほか、神鏡や水器、土器、灯明具、御神酒徳利、榊立てなどの神具も納めます。

神式の礼拝

顔と手を清め、口をすすいだ後神饌(洗米、水、塩)を供えます。そして、軽くお辞儀をしてから二礼(2回深く礼をする)し、出来れば「祓詞奏上(はらえことばそうじょう)」、「神棚拝詞(かみだなはいし)」、「祖霊拝詞(それいはいし)」を述べ、二礼、二拍手し、一礼をして最後に軽く頭を下げて終わります。

祓詞奏上などができない場合には、「二礼二拍手一礼」だけでもかまいません。

キリスト教・無宗教の祭壇

遺影と生花を飾るのが一般的

キリスト教では、祈りの場として教会があるので、家庭に仏壇のようなものを設ける事は殆どありませんが、故人への語りかけの場として棚の上などに故人の写真を飾り、花を供えたりすることはあるようです。

また、カトリックでは最近、家庭用の祭壇を設ける事もあり、タンスの上などにも置けるコンパクトな祭壇が販売されています。

特定の宗教を持たない場合には、机や棚に遺影と生花を飾るのが一般的なスタイルですが、最近では宗教色のまったくない、飾り棚のような家庭祭壇が販売されています。

採用情報