メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

仏壇のお手入れと参り方

仏壇の供物・供花

五供を大切に

仏壇へのお供えは、お菓子や果物ばかりではありません。線香や花も「お供え」といいます。

周波によって多少の違いはありますが、(こう)」、「()」、「灯燭(とうしょく)」、「浄水(じょうすい)」、「飲食(おんじき)の五つを「五供(ごくう)」といい、これがお供えの基本になります。

●香:線香の事です。お焼香に使う「抹香」でも良いのですが、抹香には種火が必要になります。毎日の礼拝では手軽なお線香を使います。お線香を焚くと、仏の慈悲の心が全ての人々に差別なく行き渡るように、香が部屋中に行き渡ります。

●花:供花は可能な限り新鮮な生花を飾るようにしましょう。

●灯燭:仏壇を照らす明かりとして、ロウソクが欠かせません。ロウソクに火をつける時は、ライターでなくマッチでつけ、燃えかすは香炉ではなくカス入れに入れます。礼拝が済んだら手で葵でロウソクの火を消します。

●浄水:本来は清浄な場所からくみ上げた水を供えるのですが、水道水で代用する事も多いです。お茶を供える場合は1番茶を供えます。

●飲食:自分たちの溜めている主食を供えます。朝と夜、炊きたてのご飯を自分たちが食べる前に仏飯器(ぶつはんき)に盛ってお供えをします。

礼拝の基本

毎日朝晩に拝む

仏壇に向かって拝む事を礼拝といいます。礼拝は毎日、可能であれば朝食前と夕食後に、家族揃って行うのが正式な作法です。

①:仏壇の前にきちんと正座をし、数珠があれば手にかけて軽く一礼します。

②:ロウソクに火を灯し、その日で線香に火を付けて香炉に立てます。鈴を2回打ってならし、合掌します。

③:数珠をかけて合掌し、できれば読経しましょう。読経が終わったら鈴を2回鳴らします。

④:最後にロウソクの火を手で仰いで消し、軽く一礼して終わります。朝の礼拝後は、二重扉の仏壇は内扉だけを閉めます。夜の礼拝後には外側の扉も閉めます。

仏壇の手入れ

日頃の手入れと本格的な掃除

仏壇や仏具は日頃から綺麗にしておきたものです。誇りを被っていたり、供花が枯れていることなどのないように、毎日簡単にから拭き程度の掃除はするようにしましょう。

本格的に掃除をする時は、本尊に合掌し、礼拝してから行います。仏壇の手入れのポイントは下記の通りです。

●全体:仏具を取り出し、羽ぼうきなどでゴミやホコリを払います。

●本尊・掛軸:羽ぼうきや筆先などでホコリを払います。傷を付けないように優しく扱いましょう。

●仏具類:柔らかいぬ値でから拭きをします。仏飯器、茶湯器、花立てなどは、内側まで丁寧に荒い、水気を完全に拭き取ります。金属製品は、金属用の研磨剤で磨いた後、柔らかい布で拭き上げます。

●漆塗りの部分:ガーゼなどの柔らかい布で、優しくから拭きします。固い布を使ったり、力を入れて強く拭くと傷がついてしまいます。

●金箔:仏壇や仏具の金箔は、絶対にこすってはいけません。毛ばたきを使って軽くはらう程度にしておきます。また、手で直接触る指紋や油が付くので気をつけましょう。

採用情報