メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

仏壇の種類と安置について

仏壇の種類と特徴

安置場所と材質などで分類される

仏壇は、まず材質や仕上げによって「塗り仏壇(金仏壇)」と「唐木仏壇」に分けられます。

塗り仏壇は杉、檜、松などを材料に、漆を重ね塗りし、緊迫を施して、荘厳華麗(そうごんかれい)に仕上げられています。関西、東海、北陸、九州地方で多く見られるようです。

唐木仏壇は、黒檀、紫檀、鉄刀木、桑、欅、桜など、重くて耐久性のある木材を使い、木目を生かして美しく格調高く仕上げたものです。関東、東北、四国地方でよく見られます。

さらに仏壇を安置する場所やスペースに合わせて、大きく分けて3つのタイプがあります。

居間や仏間に直に安置するのが「重ね型(台付き型)」、タンスの上などの限られたスペースに安置する小型の「上置き型」、地袋つきの仏間に安置する「地袋型」の3つです。

最も一般的な重ね型には、仏間の大きさに合わせて、半間仏間用(間口が約91センチ)と一見仏間(間口が約182センチ)があります。

価格は数万から数百万円

価格は、大きさや材質などによって、数万円のものから数百万円のものまでありますが、20万から50万円くらいのものが一般的です。

仏壇の安置

落ち着いて礼拝できる場所がおすすめ

仏壇を安置する場所や向きについては諸説があります。

南免北座説:南向きに置く説です。直射日光が当たらず、風通しが良く湿気が防げるといわれています。

本山中心説:仏壇に向かって正座合掌したときに、宗派の本山の方向を向くように置くというもので、方角はまちまちになります。

西方浄土北座説:仏壇を東に向けて安置します。こうすると、拝む度に極楽浄土があるとされる西の方角に向かって礼拝できます。

住宅事情などによっては難しいケースもありますが、家族が集まりやすく、落ち着いて礼拝ができる場所であれば、あまり拘らなくても良いようです。

ただし、直射日光と湿気には気をつけましょう。また、神棚がある場合には、神棚と向かい合わない位置に置きます。

もうひとつ気をつけたいのが、本尊の高さです。座って礼拝する場合には本尊が目線の高さよりもやや上にくるようにします。

立って礼拝する場合には、胸の高さより上になるようにします。

採用情報