メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

仏壇の基礎知識について

一般的な構成

仏壇の意味

仏壇には、「位牌」が納められているため、先祖を祀るためのものと思われがちですが、実はそうではありません。

仏壇は、家庭における「小さなお寺」という考え方があります。従って、主役はあくまでも「本尊」であり、位牌はかたわらに置かせて頂くものという考え方だと思います。

なお、仏壇に位牌を祀るのは、亡くなった人は全て仏になる(成仏する)という仏教の考え方によるものです。

仏壇の配置

仏壇の中心にあり、本尊を安置する場所を「須弥壇(しゅみだん) 」といい、ここは聖域とされています。

須弥壇は、仏教の世界の中心にそびえ立ち、仏様が住むという須弥山(しゅみせん) を表しています。

本尊は、菩提寺の宗派に合わせて選びます。姿のある仏像か掛軸のどちらかを祀るのが一般的であり、掛軸には仏の描かれた絵像や名号(南無阿弥陀仏の文字)などがあります。

仏壇には本尊の他、両脇仏、位牌、過去帳(先祖の仏名や命日、墓俗名などが書かれています)、供物の為の仏具、読経や礼拝の為の仏具が置かれます。

仏壇の歴史

そもそも仏壇の歴史についてご存じでしょうか?

日本書紀によれば、仏壇の歴史は天武天皇の時代まで遡る歴史があります。鎌倉時代には庶民の階級にまで広がり、江戸時代になると幕府のキリシタン禁制によって檀家制度が誕生し、各家に仏壇が安置されるようになりました。

現代でも、多くの家に仏壇があると思いますが、宗教的な祭壇というよりも、先祖を祀るという意味合いが強い様です。

採用情報