メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

ペットのお墓について

ペットの埋葬方法

自宅や自治体で処理する

亡くなったペットの埋葬にはいくつかの方法があります。

最もシンプルなのは、自宅の庭などにそのまま埋葬する方法です。かつてはこの埋葬法が中心でした。

個人所有の土地であれば、亡くなったペットを埋めることに法的な問題はありませんが、ペットの大きさにもよるのですが、十分に深い穴を掘って埋葬する事が必要になります。

そうしないと、他の動物が掘り返したり、臭いが出てしまって近隣の皆様方にご迷惑を掛けてしまうので、注意が必要です。

もちろんマンションでは土葬は不可能ですし、庭が狭い場合にも困難になります。また、都市部では自治体が条例で禁止しているところもあるようです。

なお、河川敷や里山などに無断で埋葬してはいけません。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や「軽犯罪法」で処罰の対象となる場合もあります。

現在最も一般的なのは自治体による引き取りです。ただし、「一般廃棄物」としてゴミと同様に扱われたり、ペット専用の火葬炉で火葬し、希望者に遺骨を返還してくれるなど、対応は自治体によって異なるので確認しておきましょう。

ペット霊園

自己責任での利用が求められる

最近はペットブームを反映している影響で、ペットの為の霊園や納骨堂も増えてきています。

ただし、ペットのご遺体は「墓埋法」などの法律で定められているご遺体ではなく、「一般廃棄物」という定義になっています。

火葬や埋葬についてもまだ法的な規制はありません。中には地元住民とのトラブルが発生し、その後ペット霊園の設置について自治体が条例で規制を始めたところもあります。

ペット霊園を利用する際には、内容をよく調べた上で、自己責任で利用しなければなりません。

ペット霊園の種類

ペットのお墓にも様々なスタイルのものがあります。

一般的なのは、ペット専用の霊園です。大きな所では専用の火葬炉があり、遺骨は通常、骨壺に入れて納骨堂に納められます。

最近は、人間の遺骨と一緒にペットの遺骨も納骨出来る墓地も登場しています。

このタイムのお墓には、同じカロート(納骨棺)に人間の遺骨とペットの遺骨を一緒に入れるものと、カロート内部を区切っているものがあります。

また、霊園内の一部の区画だけをそのようなお墓にしている所もあります。

採用情報