メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

故人を偲ぶお別れ会に参加する時

お別れ会を主催する

ご遺族の了解を得た上で開催を

葬儀を密葬や家族葬など、内輪だけで営んだ場合には、友人・知人には見送る機会がありません。

この様な場合に行われるのが「お別れ会」や「偲ぶ会」などです。ご遺族が主宰するケースと友人・知人が主宰するケースがあります。

友人・知人が主宰する場合には、ご遺族と連絡をとって、ご遺族の了解を得た上で開催しましょう。密葬や家族葬を選んだという事は、何らかの理由があったと考えられます。例えば、形式にとらわれない自由なスタイルで見送りたかった、というような場合、お別れ会もそのような遺族の思いにあったものにするべきです。

また、そのお別れ会にどのような人が参加するのかも、遺族にとっては大変気になるものです。

お別れ会は、葬儀後2週間から6週間ほど経ってから行われるのが一般的です。場合によっては四十九日や一周忌の日に、法事の後に行う事もあります。

時期についても遺族とよく相談する必要があるでしょう。

お別れ会の進行

案内状の作成

遺族の了解が得られて開催日が決定したら、幹事は案内状を作成して関係者に郵送します。

会場の予約の問題もありますので、1ヶ月前くらいには発走したいものです。場合によっては電話やファックス、メール等も活用しましょう。

故人の思い出を語り合う

故人にゆかりのある人が集まって、思い出話をゆっくりと語り合うことを中心に考えましょう。

核になるイベントやコーナーがあると会がメリハリのあるものになります。参加者全員が一言ずつ思い出を語る時間を設けるのはもっtも一般的です。

故人の写真や映像がある場合には、スライドやビデオ上映の時間を設けたり、故人が生前バンド活動などをしていた場合などは、生演奏なども喜ばれるでしょう。

採用情報