メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

神式・キリスト教式の参列のマナー

基本的な心構え

あまり難しく考えずに

日本では仏式の葬儀が9割以上だといわれています。そのため、神式やキリスト教式の葬儀に参列する機会はそれほど多くないかもしれません。

神式とキリスト教式のどちらも、亡くなってから火葬までの基本的な流れは仏式とそれほど変わりません。

宗教によって葬式の内容などはかなり異なる部分もありますが、あまり難しく考える必要はないでしょう。

注意すべき事

服装などは仏式と同じでかまいません。拝礼の作法や供物のマナーについても、式次第が書かれた物を用意してくれるなど、喪家側がなんらかの配慮をしれくれる事が一般的です。式場で分からない事があったら、遠慮せずに係の人訪ねてみましょう。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)や献花などの作法については、前の人の真似をするという方法もあります。

注意すべき事は、知ったかぶりをする事です。分からない事は正直に分からないと言いましょう。また、知らないからといって仏式の作法で押し通すのも厳禁です。

神式の葬儀

神式の葬儀の流れ

神式の葬儀で特徴的なのは「手水の儀」と「玉串奉奠」です。いずれも神道ならではの儀式です。神式でも仏式の「香典」に相当するものがあり、表書きは「御玉串料」、「御榊料」などとします。

また、各宗教に共通の「御霊前」を使用してもかまいません(上包みに蓮の模様のないもの)。水引は黒白、白一色または銀一色の結び切りです。

キリスト教式の葬儀

キリスト教式の葬儀の流れ

今日、日本で行われている多くのキリスト教式の葬儀は、仏式や神式の影響を受け、日本独特のものです。

また、「撒水」や「献香」といった、キリスト教ならではの、あまりなじみのない儀式もあります。キリスト教式の葬儀で、実査に参列者が行うのが仏式の焼香にあたる「献花」です。

お悔やみの挨拶

日本では、「ご愁傷様」はもっとも一般的なお悔やみの言葉ですが、キリスト教では絶対に使いません。

なぜならキリスト教では「死」は終わりではなく、永遠の生への出発という意味合いがあるからです。

ですので、「本日はお招き頂きましてありがとうございます。」という趣旨の挨拶で構いません。当然、冥福や成仏などの仏教用語も使いません。

採用情報