メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

社葬に参列するときのマナーについて

社葬の通知を受けたら

故人と同等の役職者が参列

社葬のお知らせはあくまでも「通知」であって「招待状」ではありません。

社葬の通知を受け取ったときには、参列するべきなのか、あるいは参列する必要が無いのか、もし参列するのであれば誰が参列するのかを決めなければなりません。

個人的なお付き合いのある会社からの通知であれば、お付き合いの程度によって本人が判断すれば良いでしょう。

会社同士の付き合いの場合、上司やトップの判断を仰ぎます。通知が個人宛に来ていたとしても、偶然その人の名刺があったからと言うことも考えられるので、勝手に判断せずに上司の意見を仰ぐ事が良いと思います。

参列は、相手の会社の規模とこちらの会社の規模、顧客なのか取引先なのかなどによっても異なりますが、一般的には故人と同じ位の役職の人間が参列するのが礼儀です。

少なくとも、故人よりも下の役職の者が参列するのは失礼にあたります。通常は社葬を行うのは故人がかなりの役職にある場合ですから、それを受けてこちらも社長クラスが参列するのが一般的です。

社名に恥じない振る舞いが大切

服装のマナー

社葬といっても基本的なマナーは個人葬と違いはありません。ただし、先方の会社の規模や格によっては、参列者もそれなりの地位の人が集まることになります。

多くの人が正装をしているのに一人だけ平服では、会社の対面にも関わりますから注意が必要です。

最近の傾向としては、当時会社以外はモーニングを着ないケースが多くなっているようです。心配な場合には、先方の葬儀委員の方に相談されるのが望ましいです。

供花や供物のマナー

社葬には沢山の関係者が参列するため、花環や供物の役割は個人葬よりも重要と考えられています。

手配は早めに行い、少なくとも葬儀の前日までには届くようにしましょう。特に気をつけたいのは、社名は代表者の名前を性格に伝えることです。間違いのないように、口頭ではなく書面(ファックス等)で伝える方が確実です。

なお、社葬通知に「供花・供物は遠慮します」と書かれている場合には、それに従うようにしましょう。

採用情報