メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

焼香の作法

宗派によって異なる

仏教では、通夜や葬儀をはじめ、様々な法要の際には必ず焼香をします。

焼香には、自らを清め、仏や霊に対して敬虔な心を捧げるという意味があります。

焼香には「座礼による焼香」、「立礼による焼香」、「回し焼香」などがあり、宗派によっては多少、回数や作法が異なる場合があります。

あまり神経質になる必要はありませんが、最低限の作法が覚えておきたいものです。

座礼による焼香の作法

①:周囲に会釈してから霊前に進む。

②:座布団の手前で正座し、遺族に一礼する。

③:祭壇に向かって合掌する。

④:立ち上がらずに、膝を交互につきながら祭壇まで進む。

⑤:正座をして焼香をする。※焼香の回数は1回から3回が一般的

⑥:焼香が済んだら合掌して、遺族に一礼してから席に戻る

立礼による焼香の作法

①:周囲に会釈してから霊前に進む

②:霊前の手前で遺族に一礼してから焼香の位置まで進む。

③:遺影に向かった一礼し、合掌した後に焼香する。※回数は1回から3回

④:焼香が済んだら再び合掌し、そのまま2,3歩下がって席に戻る。

回し焼香の作法

①:香炉が回ってきたら正面に置き、軽く会釈する。

②:右手の親指、人差し指、中指の3本の指で香をつまみ、目の高さに捧げてから香炉にくべる。※回数は1回から3回

③:焼香が済んだら、遺影に向かって再び合掌する。

④:両手で香炉を次の人に回す。

採用情報