メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

弔辞を依頼されたとき

弔辞を依頼されるということは、名誉なことでもあります。固持しないで引き受けるのがマナーと考えられます。故人と遺族を思いやり、心を込めて読み上げましょう。

固持しないで快く引き受ける

遺族は故人の事も最もよく知っている人に弔辞をお願いします。ぜひともこの人にお願いしたいと思って依頼するのです。

ですから、弔辞を頼まれたときには決して固持せずに快く引き受けるべきだと思います。

必ず原稿を用意しておく

弔辞を引き受けたら、話す内容を考えます。

「その場で思いついたことを自分の言葉で話せば良い」と考える人もいるかもしれませんが、これはマナー違反になりえます。

弔辞は葬儀後も喪家(故人の家)に保存されるので、しっかりと内容を考えて原稿を作成しましょう。また、長くなったり、途中でつまったりしないように、必ず原稿を用意しておくべきだと思います。

弔辞を読むのは1人から3人の場合が多いですが、どのくらいの長さにしたら良いのかを、世話役の人と打ち合わせます。

一人3分くらいが一般的ですので、400時詰めの原稿用紙で2,3枚を目安にしましょう。原稿ができあがったら、事前に時間を計りながら読んでみる事も大切です。

また、世話役から内容が重複しないようにお願いされることもあるので、そのときは指示に従いましょう。

約3分で収まらないときは、どこか省略できる文章があるかどうかを考えて調整してみて下さい。

弔辞のしきたりについて

弔辞は、正式には巻紙に薄墨で書いて奉書紙に包みます。本来は毛筆で書くべきですが、筆が使えない場合にはペンなどでも構わないでしょう。

便せんに万年筆で書いたものを奉書紙で包むこともあります。最近ではワープロで作成したものを白い封筒に入れるというケースも見受けられます。

代筆してもらうくらいなら、下手でも自分で書きたいという気持ちも大切だと思います。

採用情報