メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

供花・供物を贈る

最近では、供花や供物を喪主側で辞退するケースも多くなってきています。宗派によってはしきたりがあるので、必ず喪家の意向を確かめるようにしましょう。

手配と贈り方のマナー

注意すること

近親者や故人と親しい友人などが葬儀の際に供花や供物を贈る時には注意が必要です。

供花には生花と造花と花環があります。とくに花環は飾るのに広いスペースが必要ですから、必ず喪家に問い合わせてから手配するようにします。

また、贈る場合にも宗派によるしきたりや故人の好みなどもありますので、喪家に相談するべきだと思います。

供花の手配は、生花であれば花屋さんに注文することもできます。が、花環は葬儀社に依頼するのが一般的です。

花環の注文はなるべく早めにし、葬儀の前日には必ず届くようにしておきます。

供物は、宗教によって贈ってはいけないものがあるので注意が必要です。持参しても良いのですが、しきたりなどが分からないときには、葬儀社に依頼するのが無難です。その際も、飾り付けの都合を考えて、早めに注文しましょう。

死亡通知などに「勝手ながら供物・供花はご辞退申し上げます」と書かれている場合には、喪家の意向を尊重しなければなりません。

宗教による供物のマナー(贈ってはいけないもの)

宗教によっては、供物として贈ってはいけないものがあります。

●仏式:海の幸、お酒(精進落としをするため)

●神式:線香、ろうそく(香を焚かないため)

●仏式:造花(供花は生花のみ)
※カトリックでは、教会での供花が許されない場合があるのため、自宅に届けます。

採用情報