メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

香典の知識と持参のマナー

香典を持参する時期

通夜か葬儀の時に持参する

香典を持参する時期に特別な決まりはありませんが、最初の弔問の時に持参するのが一般的です。

ただし、訃報を受けてすぐ、通夜の前に駆けつける時には香典は持参しないのが礼儀になります。

遺族の側でまだ死亡を受け入れる気持ちが整っていないのが普通ですから、かえって慌てさせることになってしまいます。

また、あまりに早すぎるのは亡くなる事を予測して準備していたようで、遺族のお気持ちを買いすることにもなりかねません。

香典は、通夜に伺うときにはそのときに、通夜に参列することができないときは葬儀か告別式の時に持参するのがマナーです。

参列できなければ郵送でも可

遠隔地に住んでいるなどの理由で、どうしても通夜や葬儀に参列できそうもない場合には、香典を郵送しても失礼にはあたりません。

郵送する際には、まず現金を不祝儀袋にいれてから現金書留用の封筒に入れて送ります。そして、葬儀に参列できない事情やお詫びの詞、お悔やみの詞を書いた手紙を添えましょう。

香典包み方の作法とは

不祝儀袋は宗派に合わせる

香典は、半紙や奉書紙などで包み、黒白か双銀の水引を結び切りでかけるのが正式な作法ですが、最近では市販の不祝儀袋を使用するのが一般的になっています。

不祝儀袋にはいくつかの種類があります。双銀や黒白の水引は、仏式、神式、キリスト教式のいずれにも使用できます。

また、神式では白一色の水引が使われることがあります。なお、蓮の花が印刷されたものは仏式以外には使えません。

また、百合の花や十字架が印刷されたものはキリスト教式専用です。喪家(故人の家)の宗教に合わせて、気をつけて選びましょう。

香典の金額の目安

香典の金額は、弔問客と故人の生前の関係の深さ、喪家の格式、葬儀の規模、そして弔問客の経済力や社会的な地位などによって、それぞれ異なります。

同じような年齢でも、故人の近親者や親戚であれば、一般の人よりも金額が多くなります。

香典の渡し方

袱紗(ふくさ)に包んで持参する

不祝儀袋をむき出しのまま持参するのは失礼になります。可能であれば紺、グレー、紫などの地味な色の袱紗に包んで持参しましょう。

もし袱紗が無い場合は、小さな風呂敷かハンカチでもかまいません。必ず包んで持参するようにします。通夜や葬儀などでは、受付で渡します。

袱紗から取り出した香典を名前が相手から読めるように向けて差し出し、「どうぞ、御霊前にお供え下さい」と言って渡すようにします。

なお、祭壇に供える場合には、名前が手前側から読めるような向きで供えます。

採用情報