メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

訃報を受けたときの対応

危篤・臨終の連絡

近親者は可能な限り早く

危篤や臨終の知らせを受けたら、とにかくすぐに駆けつけることを考えます。

危篤や臨終の知らせには「できれば最後を看取ってほしい。死に目に会ってもらいたい」という本人や家族の強い願いが込められているからです。

通常は身内や親戚が中心になりますが、ごく親しい友人や知人が呼ばれることもあります。自分が近親者である場合には、何を差し置いても駆けつける事が大切だと思います。

遠いエリアに住んでいる場合は、数日は泊まれるように準備をしてから駆けつけましょう。家に残る家族には、万が一の場合の連絡などを託します。

また、自分の仕事についても、不在の間の影響を最小限にできるように準備しておきます。

弔問に駆けつける

近親者は率先して手伝いをしてください。

自宅で行うにせよ、斎場で行うにせよ、葬儀には兎に角沢山の人手が必要になります。関係者への連絡、通夜や葬儀の手配など家の内外の片付けなど、早急にやるべき事が沢山あります。

また、訃報を聞いて弔問に駆けつけてくる人への対応や、役所への届け出なども必要になります。

こうした事は近親者が率先して手伝わなければなりません。ことに、不幸があまりにも突然だった場合や、遺族がみな若くて葬祭に慣れた人がいない場合など、遺族はどうして良いかが分からずに困り果ててしまうことも少なくありません。

ただし、遺族の依頼を受けて仕切っている人がいる場合、あるいは故人や遺族とそれほどまでに親しくないような場合には、葬儀の進行に関わる重要な事には、あまり立ち入らないように気をつけましょう。

弔問に行けないときは

代理人を立てることも可能です。

臨終の知らせを受けても本人が病気であったり、高齢である場合など、どうしても弔問に行けない事があります。

このような場合には、「代理人」を立てることが出来ます。代理人になるのは、本人の妻や長男・長女など、原則として家族に限られます。

代理人が故人と面識がないことは特に問題ではありません。

代理人として弔問した場合には、「自分が代理人であること」と「本人が弔問に来られなかった理由」を遺族側に説明しましょう。

電話・弔電でお悔やみを述べる

代理人を立てずに電話でお悔やみをのべる事もできます。ただし、遺族の方々は通夜や葬儀の準備で立て込んでいることが多いので、わざわざ電話口まで呼び出さずに、電話に出た人に弔意を伝えるようにしましょう。

電話ではなく弔電にした方が良い場合は、弔電だけではなくお悔やみの手紙を出します。

本人が不在の場合

臨終の知らせを受けるべき人が、仕事の都合などで不在の事もあります。このようなケースでは、電話を受けた人はすみやかに本人に連絡をとります。

連絡を受けた本人は、できる限り都合をつけて駆けつけるように努力しますが、どうしてもかなわない場合には、代理人をたてる事にします。

採用情報