メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

お盆とお彼岸について

お盆とは

お盆には、先祖の霊が戻ってくると言われています。お盆の時期は、一般には七月十三日を「お盆の入り」として、十六日までの期間の事を言います。

または、一ヶ月遅れで八月にお盆の行事を行う地方もあります。長野県も基本的には八月がお盆の時期になります。

お盆の前には仏壇を綺麗にして、お盆の入りの前日には精霊棚(しょうりょうだな)を設けます。仏壇の前に小机や台を置いて、真菰(まこも) やすのこを敷いて簡単な精霊棚をしつらえます。

精霊棚には仏壇から位牌を出して、三具足を置いて季節の野菜やフルーツを供えます。

十三日の夜には、先祖の霊が迷わないように三輪崎や玄関先におがらで迎え火をたきます。十六日の夕方には迎え火と同じ場所で送り火をたいて霊を送ります。

お彼岸とは

三月の春分の日と九月の秋分の日を中日として、その前後三日間を含む一週間がお彼岸の時期になります。初日を彼岸の入りといいます。

お彼岸には、特に決められた行事はないのですが、各寺院では彼岸法要が営まれることがあります。各家庭では、団子やぼたもち等を作って仏壇に供え、先祖を供養して墓参りをします。

仏様には精進料理を供えて、家族も同じものを食べます。

採用情報