メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

喪中の過ごし方

忌中と喪中

近親者が亡くなり、一定期間、喪に服して身を慎む事を「忌服(きぶく) 」といいます。

かつては死のけがれの重い期間を「忌」、けがれがうすくなった期間を「喪」としていました。

忌中は、遺族は慶事には関わらず、家に籠もって過ごしていました。現在でも一般には四十九日の法要までが忌中、一周忌までが喪中とされるのですが、葬儀の後は平常な社会生活に戻るのが殆どです。

喪に服す近親者とは、配偶者と一親等、二親等の血僕が目安になります。しかし、故人が姻族であっても一親等で同居していた場合は喪に服する事もあります。

喪に服している間

喪に服している間は、原則論ではありますが、その期間中の慶事への出席は見合わせるべきという考え方も存在します。

結婚式や祝賀会などに招待された場合も忌明けまでは出席を控える人もいます。

しかし、最近の多くの人は、不幸の前から決められていた慶事には出席します。

お正月の過ごし方

喪中に迎えるお正月は、門松やしめ縄、鏡餅などのお正月の飾りはせずに、年末年始の挨拶回り、初詣なども控えます。

ただし、故人が二等親の範囲内であっても同居していたかった場合は、普通にお正月を迎えたり、年賀状を出すこともあります。

採用情報