メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

法要の営み

四十九日や一周忌

法要では、僧侶に読経してもらい、式の終了後には会食の席を設け、僧侶と招待客をもてなします。

忌明けの法要である四十九日や一周忌、三回忌など、比較的規模の大きい法要を営むときは、万全の準備が必要です。できれば2ヶ月以上前から準備しましょう。

準備の手順

①日程

年忌法要は、原則として祥月命日に行うのですが、日をずらす場合、必ず命日よりも前に行います。日程は寺院や僧侶と相談して決定します。

②場所

寺院、自宅、斎場など、どこで行うかを決めます。最近では、ホテルなども会場として使用されます。

③招く人を決める

招く人の範囲と人数を決めて、一ヶ月前までに案内状を送り、出欠の返事をもらいます。近親者には電話での連絡大丈夫です。

④引き物の手配

引き物(手土産)の手配をします。引き物には、黒白か銀色の結び切りの水引のかけ紙をして、表書きは、「粗供養」や、「志」などとすることが多いです。関西では、「茶の子」という表記も使用されます。

⑤会食の手配

法要の後の会食の会場や料理の手配をします。

⑥寺院への謝礼

寺院への謝礼は、奉書紙に包むか白封筒に入れて、表書きは、「御布施」や「御礼」として、法要の前に挨拶するときに渡します。

僧侶に自宅や霊園などに出向いてもらう場合は、「御車代」として包むと良いでしょう。また、宴席に供応しない場合は、「御膳料」とします。

法要当日の服装など

施主側は、三回忌までは正式な喪服を着用する事が一般的になっています。それ以降は、地味な平服でかまいませんが、施主側が一般の参列者よりもくだけた服装にならないようにしてください。

施主側が平服の場合、案内状には「平服でお越し下さい」の様に一言書いておいた方が良いでしょう。

当日の進行は、僧侶の指示に従います。読経の途中で僧侶から焼香の合図があるので、施主側の代表者から、故人と血縁の深い順番に焼香します。

読経の後は、僧侶の法話があります。その後に墓参りを済ませて、法要後の会食の席に移ります。

採用情報