メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

葬儀後の法要について

法要の意味

法要は法事ともいい、死者の冥福を祈り、その例を慰める為に行う儀式といえます。

仏教では、人が亡くなってから7週間は「中陰」といい、死者が現世と冥土の間をさまよっていると考えられています。その間に供養する事で、死者の霊が無事に極楽浄土に行き、成仏できる事を願うのです。

本来は7日目毎に追善供養を行います。

最初の初七日法要は、遺骨迎えと併せて行う事が多く、それ以降の四十九日より前の法要と、百か日の法要は内輪で済ませるのが通例になっています。

四十九日は、「満中陰(まんちゅういん) 」といい、一周忌までの法要の中で最も重要な忌明けの法要になります。遺族が近親者、友人、知人を招いて行います。三十五日を忌明けとする場合もあります。

年忌法要

死亡した同月同日の命日を「祥月命日(しょうつきめいにち) 」といい、毎月の死亡した日と同じ日を「月忌(がっき) 」といいます。

年忌法要は、祥月命日に行う法要で、死亡した翌年に行うのが一周忌、その1年後が三回忌で、二回忌というのはありません。三回忌以降は亡くなった年を含めて数えます。

一周忌、三回忌は四十九日の法要と同じで、規模の大きい法要を営むことが多く、宗派にもよるのですが、三十三回忌までで区切りをつけるケースが殆どです。

最近では高齢で亡くなる人も増えているので、十七回忌で区切りをつける事も増加してきています。

神式の追悼儀礼

葬儀の翌日に行う霊祭の「翌日祭」は、現在では殆ど行われず、死語、10日毎の毎10日祭が、十日日祭、二十日祭・・五十日祭と続きます。

五十日祭は、忌明けになる重要な霊祭であり、翌日には「清祓いの儀(きよはらいのぎ) 」を行います。

キリスト教の追悼儀礼

キリスト教では、カトリックもプロテスタントも追悼儀礼について特別な決まりはありません。

カトリックでは、死亡した日から三十日から五十日の間に行われる納骨式の前に、ミサを行う事が多いです。

また、命日にミサを行ったり、命日近くの日曜日のミサの時に祈りを依頼することもあります。

追悼ミサには、遺族、近親者、友人、知人らが参列します。ミサの後は、茶話会などを開いて故人をしのびます。

プロテスタントでは、死語1ヶ月目の召天記念日に祈念式を行います。一年目の命日に祈念式を行うこともあります。

採用情報