メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

香典返しと忌明けの挨拶について

香典返し

香典は、本来はお返しの必要のないものなのですが、最近では香典返しを送るのが一般的になってきています。

仏式では通常、三十五日か四十九日の忌明けを迎えた頃、神式では五十日祭の忌明けを迎えた頃に送ります。

キリスト教については、元々は香典や香典返しの習慣は無かったのですが、仏式や神式のように御花料を頂いた人には、死語1ヶ月後の昇天記念日や祈念式に、記念の品を送る事が通例になっています。

金額について

香典返しの金額の目安は、頂いた金額の3割から5割程度が目安になります。香典の額には開きがあるので、香典の額に応じて、複数に分けて品物を選ぶ方法もありますし、金額に関わりなく一律のものを贈る方法もあります。

特に高額の香典を頂いた人には、目安には拘らずに少し高価なお返しをすれば良いと思います。

品物は、以前はあとまで残らないものが一般的であったのですが、最近ではお茶、のり、お菓子、タオル、石けん等の他にも、カタログギフトも多くなってきています。

かけ紙と表書き

かけ紙は、仏式では黒白かグレーの結び切りの水引を印刷したものに、表書きは「志」や「忌明志」とするのが多いです。関西では黄白の水引に「満中陰志(まんちゅういんし) 」とする事もあります。

神式では銀一色か、黒白の結び切りの水引に、表書きは「志」か「偲草(しのびぐさ) 」とします。

キリスト教の表書きは、「昇天記念(しょうてんきねん) (カトリック)」、「召天記念(しょうてんきねん) (プロテスタント)」が多く、「感謝」や「志」等も使用されます。

挨拶状について

香典返しには、会葬のお礼と忌が明けたことを報告する挨拶状を添えて贈ります。挨拶状は、奉書紙1枚に、薄墨で書いたものを奉書の一重の封筒に入れるのが通例です。

最近では、洋型のカードを洋封筒に入れるタイプもあります。

文面については、デパートや専門の業者に複数のテンプレート文章が用意されていて、故人の名前や戒名、日付、喪主名などを入れて印刷するだけになっています。喪主が自ら書いた文面を印刷することも出来ます。

挨拶状には句読点が無いですが、これは昔、毛筆でしたためていた名残と言われています。

採用情報