メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

火葬について

霊柩車が先頭を走る

火葬場へは、遺族、近親者の他に故人と親交のあった人が同行します。同行してもらいたい人には、予めお願いをしておいた方が良いです。

火葬場へは、霊柩車が先頭になります。霊柩車の助手席には葬儀社の人が乗ります。霊柩車に続く車には、位牌を持った喪主、僧侶、遺影を持った遺族代表が乗ります。

その後の車には、遺族、近親者、友人・知人が、血縁の深い順番に乗るのが一般的になります。霊柩車に続く車はタクシー、その後ろにマイクロバスとする事が多いですが、霊柩車に続く車がマイクロバスの場合は、運転手の後ろに喪主、その隣に遺族代表、以下、血縁の深い順番に座るのが通例になっています。

控え室で待つ間

火葬許可証がないと火葬が出来ないので、この許可証が必ず持参しなければなりません。事前に葬儀社の人に預けて、火葬場の担当者の人に渡してもらうのが良いでしょう。

火葬には約1時間前後掛かります。その間、同行者は控え室で待ちます。その間に茶菓や軽食を用意します。火葬場で用意できるかどうかを葬儀社に確認しておくと良いでしょう。

火葬場の炉の前で

火葬場に到着したら、掛りの人に火葬許可証を渡します。棺は霊柩車から降ろし、炉の前に安置します。火葬場によっては到着後、すぐに炉に入れる場合もあります。

炉の前には祭壇用の小机があるので、持ってきた位牌と遺影を飾ります。そのほかの香炉、燭台、生花、供物などは火葬場で用意してもらえます。

この祭壇の前で納めの式を行います。僧侶の読経、焼香に続いて喪主、遺族、近親者、会葬者が、故人と血縁の深い順番に焼香、合掌、礼拝をします。

棺の小窓を開けて、故人と最後の対面をする事もあります。納めの式が終わると、棺は炉に納められます。

火葬を待つ間、遺族は控え室で僧侶と同行者を茶菓などでもてなします。僧侶には上座に座ってもらう事を覚えておいて下さい。

この時に、今後の法要について聞いておくと良いでしょう。

遺骨について

火葬の済んだお骨を骨壺に納めることを骨揚げといいます。別の言い方として、収骨、拾骨、骨拾いという言い方もあります。

骨揚げは炉の前で行います。竹の箸を使って2人一組になり、それぞれが箸を持ち、一つのお骨を一緒に挟んで骨壺に納めます。これは、この世からあの世への橋渡し(箸渡し)という意味が込められています。

一組で1,2片を納めたところで次の人に箸を渡して、次の人も同じようにお骨を拾います。拾い上げる順番として、故人との関係の深い順、喪主から遺族、近親者、友人と続きます。

骨を納めるのにも順番があって、下半身から上半身への拾い、最後ののど仏を故人と最も縁の深い人が拾います。骨揚げが終わると、係員が骨壺を白木の箱に入れ、錦袋(きんたい)をかけてくれます。

この時に、箱の中に埋葬許可証を一緒に入れてくれます。納骨の差異に必要な書類なので、無くさないように気をつけて下さい。

採用情報