メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

葬儀の進行

①参列者の着席

喪主、遺族、親族は定刻の10分前に式場に入り、席に着きます。続いて葬儀委員長、世話役、一般会葬者が着席します。

②僧侶の入堂

参列者が着席したら、世話役が僧侶を控え室に迎えに行き、式場に案内します。僧侶が入堂するときは、一同は起立するか軽く頭を下げるようにします。

③開式の辞

司会者は、「ただいまより故〇〇殿の葬儀を執り行います。」という挨拶をします。

④読経・引導

読経が始まります。宗派によって異なるのですが、30分から40分前後が目安になります。

⑤弔辞の拝受、弔電のご紹介

司会者が、弔辞を依頼した人の氏名を「〇〇殿」と呼び上げ、弔辞が捧げられます。弔電は全文を紹介するのは数通にします。

それ以外は氏名だけを読み上げますが、数枚を紹介します。弔辞の拝受、弔電の紹介を行わない場合もあります。

⑥焼香

僧侶が焼香した後、読経のうちに僧侶、あるいは司会者の合図によって、喪主から席次の順番に焼香します。

⑦閉式の辞

喪主と遺族は起立して、司会者が葬儀の終わりを告げます。引き続いて、告別式に入ります。休憩をとる場合は一度僧侶は退室する事になります。

告別式の進行

①僧侶の入堂・開式の辞

僧侶が再び入堂。着隻語に司会者が開式の挨拶をします。

②一般会葬者の焼香

遺族は会葬者の方に向いて、焼香を済ませた会葬者に黙礼します。

③僧侶退堂

会葬者の焼香が終わると僧侶は退堂します。接待係の人は、控え室で茶菓僧侶をもてなします。

④喪主の挨拶

喪主や遺族代表が簡単に会葬のお礼を述べます。この挨拶を省いて、出棺の時の挨拶だけになることもあります。

⑤閉式の辞

司会者が閉式の辞を述べて、告別式は終了になります。その後に出棺準備へ移行します。

採用情報