メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

葬儀・告別式の執り行い

葬儀の意味

葬儀と告別式は、本来、異なる意味合いを持っています。葬儀は、ご遺族や近親者が故人をあの世へ送り、成仏させる儀式といえます。

告別式は、故人と親交のあった人たちが、最後の別れを告げるものです。

本来は、葬儀の後にいったん僧侶は退席して、あらためて入場して告別式を行います。しかし、最近では葬儀に引き続いて、告別式を営むケースが増えており、この2つをまとめて営むケースの出てきています。

当日は、喪主、世話役、葬儀社でもう一度、式次第の確認を行って、各世話係の人は、それぞれの持ち場の点検などをします。

葬儀及び告別式は、時間通りに進行することが大切です。弔問客の人数が想定よりも多くなる事も考えられるので、そのようなケースは、どこで時間を調整するかを決めておきます。

式場の準備や飾り付けは葬儀社が行うのですが、祭壇の飾り付けや供物、供花の並べ方は喪主や世話係の人が確認するようにします。

葬儀での僧侶の役目

喪主をはじめとして、ご遺族、近親者、世話役などの葬儀に出席する人たちは、葬儀開始の約10分前には着席して、僧侶の入場を待ちます。

僧侶が入場し、司会者の開式の挨拶の後に読経が始まります。この時に、死者を悟りの世界へ導くための引導が渡されます。

引導というのは、死者を仏の道に導き入れる事なのですが、引導を渡す作法は宗派によって違います。葬儀に加わる僧侶の中で、最も位の高い僧侶を導師と呼びます。

葬儀と告別式を分けずに行う場合は、僧侶の焼香に続いて、喪主、遺族、近親者が焼香した後に、一般会葬者の焼香になります。喪主やご遺族の方々は一般会葬者の焼香の時に一人一人に黙礼をします。

会葬者の焼香が終わると、僧侶は退席するので、会葬者は一礼して見送ります。椅子席の場合は起立します。

その後に、司会者は閉式の辞を述べ、一般会葬者に「出棺の用意ができますまで、控え室でお待ち下さい」という趣旨の案内をします。

閉式の辞の前に、喪主が遺族代表として会葬者の皆様方にお礼の挨拶をする事もあります。

採用情報