メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

通夜の執り行いについて

通夜の受付

僧侶には、通夜が開始される約30分前には到着して頂けるように、世話役が迎えに行き、僧侶が到着したら、控え室にご案内して茶菓でもてなします。

世話役の代表の人は、僧侶に祭壇の飾り方などを確認してもらい、説教や法話の有無についてや、通夜ぶるまいを受けてくれるかどうかを確認します。

通夜の弔問客の受付は、通夜の開始約30分前から始めます。喪主やご遺族の方々は身支度を調えたら、通夜の始める15分前には着席して僧侶の入場を待ちます。

参列者が揃ったら

通夜は、参列者一同が揃って着席した後、僧侶が入場し、読経、焼香、喪主の挨拶の順で進行します。

僧侶が入場し読経が始まると、30分から40分程続きます。参列者は故人の冥福を祈りながら、静かに聞きます。

読経が終わると、僧侶がまず焼香をします。続いて喪主、近親者が席順に焼香し、続いて一般の弔問客が祭壇に進んで焼香します。焼香は読経の途中から行う事あります。

いずれも、僧侶から「ご焼香をどうぞ」という案内に従います。弔問客は、焼香の前後にご遺族に対して黙礼しますが、ご遺族は座ったままの黙礼で応えます。

もし、会場が狭い場合、香炉を回して焼香する回し焼香を行う事もあります。

読経の後で、僧侶が法話や説教をすることがあります。全員の焼香が終わると、僧侶が「通夜の法要を終わります。」と告げて退席し、通夜の式次第が終わります。

僧侶が退席したら

僧侶が退席したあと、喪主は弔問客への挨拶をします。挨拶は、参列へのお礼、死去の報告、生前のご厚誼への感謝を手短に言葉にします。その後は通夜振る舞いの席にお誘いします。そして、最後に翌日の葬儀の案内をするのが一般的になっています。

控え室に戻った僧侶には、茶菓でもてなします。翌日の葬儀についての打ち合わせをして、それを終えたら通夜振る舞いの席にご案内します。

通夜振る舞い

通夜振る舞いの席は、故人への供養とともに、弔問へのお礼のしるしとして設けられるものです。以前は夜更けまでの酒宴となる事もあったのですが、最近では1時間から2時間程度で終える事が一般的になっています。

通夜振る舞いには、お清めの意味で日本酒やビールなどのアルコール類を用意しますが、弔問客に一通り行き渡る量が必要です。

食べ物についても、一昔前は精進料理を用意していたのですが、最近では刺身やお寿司なども出されることが多いです。

通夜振る舞いの料理を葬儀社に手配してもらう場合は、弔問客の人数を予想して依頼するのですが、イメージより少なめで大丈夫なケースが殆どです。

通夜振る舞いの予定時間が来たら、喪主か親族代表、あるいは世話役代表がお開きの挨拶をします。

採用情報