メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

納棺と通夜の準備について

祭壇が出来たら

故人との縁の深い人が集まって、故人にお別れを告げて冥福を祈るのが通夜です。本来は夜を通して故人に付き添って、最後の時を過ごすためのものでありました。

現代では、一般の弔問客が日中の葬儀や告別式よりも出席しやすい通夜に弔問する事が増加してきた事もあって、午後の6時から7時位から2時間程度を目安に時間を限って、読経や焼香を行う半通夜が一般的になってきています。

枕勤めの後、通夜の前に祭壇の準備が出来た時点で納棺を行います。

納棺の前に着せる服が死装束といわれるものです。かつては白い経かたびらを着せて、手足に手校脚絆をつけ、わらじと白足袋を左右逆に履かせ、六文銭を入れた頭陀袋を首から下げて、手に数珠を持たせるのが一般的なスタイルでした。

しかし、同じ仏教でも死装束は必要ないと考えている宗派もあります。

最近では、ご遺体を清めた後、浴衣や故人が好んでいた服を着せて、その上に納棺の時に葬儀社が用意した布や、紙製の略式の経かたびらを掛けることが多いです。

納棺は葬儀社のアドバイスで行って、故人の愛用品等を入れる

納棺は近親者によって行われますが、近年では葬儀社の手を借りて行う事が多いです。だからといって、葬儀社に全てを任せるのではなく、遺族も積極的に関わりたいと思われている方々もいます。

棺に納めた後に、故人が愛用していた洋服や着物を掛けるときは、死装束の上から掛けます。

以前は裾が頭の方にくるように逆にする習慣でしたが、かならず逆にする必要性もありません。

また、棺の中に故人の愛用品や好きだった書籍等を入れますが、貴金属やガラス製のものなどは控えるのがマナーと考えられています。

喪服を用意して、通夜の席次や焼香順も確認

故人が亡くなった直後にご遺族の方々が喪服を着る必要はありませんが、なるべく地味な服装に着替えることが大切だと思います。

そして、出来るだけ早めに通夜・葬儀を通じて着用する喪服を用意します。喪主やご遺族をはじめ、親族や世話役の皆さんなど喪家側の立場の人たち通夜・告別式などを通じて正式礼装を身につけます。

しかし、男性の場合は、モーニングコートは昼間の正式礼装なので、通夜にはブラックスーツが適しています。

そして、通夜の席次や焼香順の確認も怠らない事が大切です。

採用情報