メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

喪主・世話役の決定

葬儀の主宰者である喪主の決定

喪主は葬儀の主宰者です。遺族を代表して弔問を受ける重要な立場でもあります。多くの場合、故人と最も縁の深い人が喪主になります。

一般には故人の配偶者、配偶者がいなければ子供、配偶者も子供もいない場合は親、兄弟などが務めるのが慣例になっています。

もし喪主が未成年の場合、故人の近親者が後見人を務めます。また、故人に近親者がいない場合は、末永く個人の供養ができる故人と縁の深い友人が喪主になる事もあります。

故人が喪主を指定していた場合もあります。その場合はその人に喪主を依頼する事もあり得ます。

喪主は、通夜、葬儀を通じて故人のそばにいて弔問を受けますが、弔問客を出迎えたり見送ったりはしないしきたりになっています。

世話役代表と各世話係の依頼

一般的な葬儀では、遺族にかわって葬儀の実際を取り仕切ってもらう世話役が必要になります。

まず、葬儀の総指揮ををお願いする世話役代表(大きな葬儀の時は葬儀委員長ともいいます)を、親戚、友人の中から喪家の事情に詳しい人を選んで依頼します。

そのうえで、葬儀の規模や形式に応じて受け付け、会計、進行、接待などの掛りを担当してもらう世話役を依頼します。

例えば受付や会計等は現金を扱うので複数名で担当するのが一般的になっています。葬儀社との打ち合わせには、世話役代表も一緒に参加してもらうのが良いでしょう。

採用情報