メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

ご遺体の引き取り・末期の水について

臨終に立ち会った人による末期の水

臨終を告げられると、集まっている近親者が血縁の濃い順番に「末期の水」をとります。この末期の水とは、「死に水」とも言われていて、死者が生き返ることを願う気持ちと、あの世で渇きに苦しまないようにとの願いを込めた風習といわれているものです。

本来は息を引き取る間際に行われるものであったのですが、現在は臨終の後に行われることが一般的になっています。

また、末期の水は仏式の儀式であったのですが、現在はカトリック以外の宗教でも行われることがあります。

自宅で亡くなる事の多かった一昔前の時代には、割り箸の先に脱脂綿とガーゼを糸で縛って付けたものや、新しい箸の穂先を茶碗の水に浸して、軽く唇を湿らせたもので水をとらせました。

病院で亡くなることが多くなった現代では、看護師が湿らせた脱脂綿を用意してくれる場合が多いようです。

遺体を清めた後は

末期の水の後は、故人の最後の姿を清らかにするためにご遺体を清めます。これを「湯灌(ゆかん)」といいます。「故人の現世での苦しみや迷いを遺族によって洗い清める」という意味合いがあるといわれています。

昔はたらいに先に水を入れて、後から湯を注いで作るぬるま湯の「さかさ水」というもので全身を洗い清めていました。

現代では、脱脂綿やガーゼをアルコールに浸して全身を軽く拭く「清拭(せいしき)」というものが一般的になってきています。

病院で亡くなった場合は、清拭の後に浴衣に着替えさせる事が多くなっています。故人が生前に希望していた服などがある場合は、この時に着せることも可能になっていますし、納棺の際に着せることも出来ます。

ご遺体を清めたら「死化粧」を施します。髪を整え、爪が伸びているときは切りそろえ、男性の場合はひげを剃り、女性は薄く化粧を施します。

地方によっては、死化粧自体を行わない場合もあります。

採用情報