メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

地産地消のフランス料理

何で葬儀屋さんでフランス料理を出してるの?

理由はたくさんあります。目的は佐久の食材を使ってお料理をご提供する事で地産地消を進めるためでした。しかしながら、ただただ佐久地域の食材を出せばいいってモンじゃない。そう感じ、和食ではなく、一見変化球のようにも見えるフランス料理を出すことに決めました。

地元の食材をより彩り良く、人の目を愉しませ、香りを愉しませ、そして味で愉しませてくれるものが、心を込めて作る創作フレンチだと考え、その考えをもとに、今日も元気に提供中です。

形式にとらわれない会食スタイル?

形式張っているのがお葬式。そういう印象は私達自身も同じく持っています。そもそもの会食の目的を考えますと、法事であれば古来から故人を偲び、供養することが目的です。

集まる方々は関係が深かった方々ばかり、家族はモチロンのこと、遺族、友人など。よりおいしいものを、様々な会話と共に提供すること。これは、私達の挑戦です。時代に合わせたお料理の提供があっても良いはず。

お客様からの声を聞きながら、より必要とされるサービスを提供していきます。もちろん、スタンダードな和食も提供しています。

地産地消をもう少し詳しく

みつわで提供する創作フレンチは、地産地消を目指して始まったサービスです。地元である佐久地域の食材をコース全体の80%で利用し、地元の農家からの直接買取りを通して、地元の農家を応援しています。

みつわが理想として目指しているのは、循環型の地域経済の形成です。地域内での直接取引で、市場を通すよりも生産者にお金が残る。小さく産み育ててきたこの創作フレンチも現在までに年間3000万円近い取引量となりました。

今後も急激に大きくしていく予定はなく、あくまでも地域内でゆっくりゆっくり、継続して提供を続けていく予定です。

採用情報