メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

献体について

※このページは、ご自分の体を将来に役立てるという考えを持っている方向けのコンテンツです。様々な考え方がありますので、参考程度にして頂けたらと思います。

医学・研究の為に役立てないと考えている人は

献体とは、ご遺体を医学や歯学の大学で解剖学の教育・研究に役立たせるために、無条件・無報酬で提供する事をいいます。

死後、ご遺体を医学や歯学の教育及び研究の為に役立てないと考えている方がいらっしゃるのであれば、生前に献体登録をしておきます。

もし、登録をする場合、その登録先は医科大学や歯科大大学、ほかにも献体篤志家団体などになります。

登録の際は、家族の同意の押印も必要になり、所定の申込用紙に必要事項を記入して返送します。

また、ご本人が献体登録をしていても、死後に家族の中で一人でも反対する人がいれば献体はできないようになっています。

登録の際には、家族全員(例えば配偶者、親、子供、兄弟姉妹など)の同意を得ておく必要があります。

献体は死後48時間以内が目安とされておりますので、基本的に通夜や告別式は通常通り行えますが、遺骨が戻るまでには通常数年かかるようです。

臓器提供について

臓器提供には2通りが存在します。

「臓器の移植に関する法律(臓器移植法)」に定められている臓器提供には、「心臓が停止した死後」と「脳死後」の2通りの場合があります。

脳死後に提供が可能な臓器は、心臓、肝臓、肺、小腸、腎臓、膵臓、眼球などになります。

心臓が停止した死後に提供できる臓器は、腎臓、膵臓、眼球(角膜)になります。

臓器移植法で規定されていない皮膚、心臓弁、血管、耳小骨、気管などは、家族が承諾すれば提供が可能になっています。

臓器提供は、本人の意思が不明であっても、家族の承諾があれば臓器提供が可能になっています。

15歳未満からの脳死後の提供についても、家族の承諾があれば可能です。

臓器移植を希望する場合、「臓器提供意思表示カード」、「臓器提供意思表示シール」、健康保険の被保険者証、運転免許証の意思表示欄に記入して意思表示しておく等の方法があります。

他にも、社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページからも登録が出来るようになっています。

採用情報