メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

葬儀のプランを考える

形式にとらわれない葬儀

故人や家族が「しきたりや形式にとらわれないお葬式をしたい」や、「自分らしいお葬式」等を希望したとしても、具体的なプランがないと、いざという時に実現が難しくなります。

葬儀について、実際に家族と話し合ったり、自分の葬儀について準備する人も近年増えてきました。

葬儀社の事前の相談でも、一昔前は家族の葬儀についての相談が多かったのですが、近年では、ご自身の葬儀について相談される方も増えてきています。

人生の最後をどのような形にするのか、具体的であればあるほど、残された者は戸惑わずにすみますし、ご家族の負担を減らすことも出来ます。

もし、ご自分の葬儀について希望がある場合は、準備をしておく事が良いでしょう。

葬儀社への事前相談

葬儀社には事前の相談の他に、生前予約のシステムを導入している葬儀社もあり、いわゆる「終活セミナー」を行っている所もあります。

葬儀会場や祭壇の見学会や、遺言や遺産相続、お墓についてのセミナーも企画されています。葬儀の準備やエンディングプランを考えるにあたっては、このようなセミナーも説教的に活用すると良いと思います。

残された者への配慮

葬儀は、亡くなった人が安らかに旅立てるように残された者が行うものですが、残された人にとっては大事な人を失った悲しみの中、その死を受け入れるための最初のプロセスの意義があります。

例えば、「葬儀は無しで、火葬だけで良いよ。」などとおっしゃる方もいるのですが、死後に何もしないで故人を葬った時、残された家族は大切な人の死を受け入れにくくなる事も考えられます。

通夜や葬儀などの儀式を行わない「直葬」を希望される場合、近親者が故人と十分な最後の時間を持てるように、火葬前にお別れの時間を設けたり、のちに「お別れの会」を開くなどと行った事も必要な事だと思います。

どのような葬儀をしてもらいたいか、自分の気持ちが一番大切だとは思いますが、残された人たちへの配慮も必要な事だと考えます。

また、核家族が増えている現代では、高齢者と一緒に暮らす事が減少してきており、病院で亡くなる人が殆どです。

そのような場合、子供達や若い世代にとって「老い」や「死」というのは、遠い存在となっていると思います。

通夜や葬儀を通して、人が亡くなるという事や、大切な人を亡くした家族の深い悲しみを身近に感じるのは、命の大切さを伝える意味でも大きな意義があるでしょう。

採用情報