メモリアルホールみつわ

TEL:0267-92-1123

エンディングを考える

葬儀・終末期医療・相続など

近年では、「終活」といった言葉が一般的に認知されてきています。人生の締めくくりの「エンディング」について考える人も多くなってきています。

介護や終末期医療の受け入れ、認知症になったときにどうするか、持ち物や家、財産の整理、相続、葬儀、お墓についてなど、「エンディング」には、自分の「死」にまつわる様々な事が含まれます。

親や親しい人の葬儀をきっかけにして、エンディングについて考え始める人も多いそうです。とはいっても、葬儀直後には「自分の時はこのようにしたい」と思うものの、暫く時間が経過すると日常の生活に紛れてしまって真剣に考える機会がなくなってしまいます。

自分自身の最後について考え、準備しておく事は家族への優しさともいえますが、自分自身がより良く生きるために必要な事でもあると思います。

残された人たちへの思いやり

葬儀についての知識も準備もないまま、家族の死を迎えたときには、家族は大きな悲しみの中、戸惑いながら葬儀を執り行わなければなりません。

葬儀は慣れないことの連続です。葬儀の形式や内容を決める葬儀社との打ち合わせでも、家族が希望を伝えられなければ、葬儀社は一般的な葬儀を進めがちになります。

その結果、遺族に「葬儀社の言いなりになってしまった」などどいった不満が残ってしまう場合もあります。

葬儀は亡くなった人が安らかに眠れるように祈ると共に、残された人たちが最愛の人の死を受け入れる為の大切な儀式でもあるのです。

みずからの死や葬儀について考えるのは「縁起が悪い」と考える人もいると思います。

しかし、元気な時から、自分がどのように送ってもらいたいかを家族に伝えておくことは、見送る側の葬儀への不安や不満を少しでも和らげる事に繋がると考えています。

しっかり意思を伝える

普段のコミュニケーションの中で、軽い調子で「お葬式もお墓も要らない。遺骨は海にでも散骨してくれれば良い」などと言う方がいらっしゃいます。

軽い調子で言われると、どこまでその意思が本気なのかを聞いた側は判断するのが難しくなります。

あいまいな意思の伝え方は、逆に遺族を戸惑わせてしまう事になります。特に従来通りの葬儀ではなく、無宗教葬や家族葬などを行いたい場合、散骨を行いたい場合などは、その内容を明確にして、文書などにして第三者にも意思が伝わる形にして残しておくと良いと思います。

文書にしておけば、葬儀の行い方など、親族でもめてしまった時にも「故人の希望」という事で方向性が決まりやすくなるでしょう。

未婚者・子供がいない家庭は

子供のいない家庭や未婚者で過ごす人の場合、万が一のときには遠くの親戚などが、かってのわからないままに葬儀を行うこともあります。

葬儀や財産の整理、お墓や供養のこと等、死後の手続きなどをスムーズに行ってもらうためにも、葬儀のプランを立てて、生前契約などをしたり、遺言を書いたり、お墓の準備をしておくなど、自ら調えておくと安心だと思います。

採用情報